ちょっと知っているだけで恥をかかない最新の話題。 今さら周りに聞けない経済・世界・お金の話。 これらを先輩営業マンが例え話を使ってわかりやすく解説していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
フリー素材


S&P500種の変動率、大恐慌来の大幅低下-95年との類似性も - Bloomberg
www.bloomberg.co.jp
米S&P500種株価指数の1日当たりのボラティリティ(変動率)が約80年ぶりの大幅な低下を記録している。同指数が前日比1%余り下落したのは年初から1回のみで、これは1995年以降で最も少ない。95年当時、投資家は株式投資を敬遠していたが、その後過去最大規模の相場上昇局面が訪れた。


http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M141SO6S972801.html
原題:http://www.bloomberg.com/news/2012-03-19/volatility-falling-most-since-fdr-as-valuations-tumble-like-1995.html


これはとっても嫌な指標。

↑応援よろしくお願いします! >[重要なのは「皆が買う前に買っておくこと」「皆が売る前に売っておくこと」]の続きを読む
スポンサーサイト

関連tag : アップル, ボラティリティ, 大恐慌, ギリシャ, 債務交換, 長期金利, 投資, ロング, ショート,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。