経済

ここでは、「経済」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
原油は直近だとあまり上昇してないけど、
アメリカのガソリン価格の上昇は本当に心配。

米国では例年ガソリン価格は夏にかけて上昇するのに、
今年はすでに2011年の高値に並んでいて、
2008年の高値もすぐ目前に控えている。

米政府、オバマ大統領にとっては資源関連の問題は
今年の大統領選挙に向けて大きな課題になりそう。
USA National Gas Price Heat Map - GasBuddy.com-021714
http://www.gasbuddy.com/より

↑応援よろしくお願いします! >[全米ガソリン価格が高い!!]の続きを読む
スポンサーサイト

関連tag : ガソリン, 景気, マクロ経済, 原油, , 大統領選挙,

2月の米小売売上高、5カ月ぶり大幅な伸び | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE82C00L20120313

[ワシントン 13日 ロイター] 米商務省が発表した2月の小売売上高は前月比1.1%の増と、5カ月ぶりの大幅な伸びとなった。ガソリン支出が増加するなかでも、自動車などの購入を増やしたことが要因だ。

おおむね市場予想に沿った内容で、前年同月比では6.5%増加した。
(中略)



アメリカから小売売上高の指標が良かったというニュースです。
失業率の低下、小売売上高の上昇と、アメリカの景気指標はここの所好調です。

一方で記事にもある通り、ガソリン価格の高騰がリスクとして考えられています。

背景には資源をめぐる諸々の世界情勢
・イランvsイスラエル
・原発→火力への移行による燃料不足
・ユーロ不安、QE3期待、などによる投機マネーの集中

などなどがあります。

アメリカって冬場よりも夏場の方がガソリン価格が上がりやすいので、
現状からさらに上がるとなると、それはアメリカ経済にとってかなりのリスク要因となりうるわけです。

国内でもガソリン価格が上がってきています。
普段自動車を使用される方は、夏場にガソリン価格が上がりうる
ということを頭に入れておいた方がいいんじゃないでしょうか。

ヨシキ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。